記事詳細

【トラトラ株】主力のコンドーム販路開拓に注力!高業績変化率「不二ラテックス」 「セルソース」黒字のバイオベンチャー 「Speee」営業利益197.5%増 (1/2ページ)

 19日の米国株市場は軟調だったが、18日のナスダック総合株価指数は続伸し、81・12ポイント高の1万1210・84ポイントと、連日で過去最高値を更新した。また、S&P500種株価指数も続伸し、同7・79ポイント高の3389・78ポイントと、2月19日以来、半年ぶりに過去最高値で取引を終えた。

 このように米国株は非常に強い値動きを続けている。一方、日経平均も13日の終値が2万3249・61円と、2月21日以来、約半年ぶりの高値水準で取引を終えた。そしてその後も、堅調な値動きを続けており、個人投資家にとって、儲け易い良好な投資環境になっている。引き続き、日本株には「強気スタンス」で臨みたい。

 まず、不二ラテックス(5199)は、高い業績変化率が注目ポイントだ。

 2021年3月期通期業績は、売上高は68億円(前期比5・7%減)と減収ながら、営業利益は1・57億円(同338・9%増)の見通し。なお、当第1四半期連結業績は、利益面では、主に販管費等の削減を進めたことにより、営業利益は6100万円と前年同四半期比6100万円(54・3%)の増益だった。

 主力のコンドームは、国内市場においては、商品の認知度向上を狙いにWeb広告や販促企画を展開し、大型小売店や大手ネット販売を中心とした販路開拓に継続的に注力した。

関連ニュース