記事詳細

【トップ直撃】高機能PC、eスポーツで復権! 「ゲームと仕事、勉強も1台でできる」 レノボ・ジャパンのデビット・ベネット社長 (1/3ページ)

 テレワークやオンライン授業の普及で、パソコン(PC)が復権している。世界的な人気の「eスポーツ」でもゲームに特化したゲーミングPCが主役だ。中国の巨大な規模と、グループ傘下のNECのPC事業で培った緻密な日本文化が融合するグローバルカンパニー。率いるのは、ジャマイカ生まれカナダ育ちで、日本の古典文学を専攻したというグローバルを体現するキャリアの持ち主だ。 (中田達也)

 --eスポーツに力を入れている理由は

 「eスポーツは若い人たちの新しいコミュニケーションの手段になっていると思います。ゲーム上はみんなが平等というところも好きです。私も社内のメンバーとやりますが、ゲーム中は『何やってるの』とか、会社では言われないようなことも言われます」

 --eスポーツの国際大会「RAGE(レイジ)ASIA 2020」のオフィシャルスポンサーになりました

 「コロナ前から組みたいと考えていました。RAGEにはプロゲーマーから、俳優、バーチャルユーチューバーのチームなど、あらゆるところから人を集める力もあります」

 --企業のeスポーツにも取り組んでいます

 「『企業eスポーツ部支援プロジェクト』でノウハウをサポートしています。実業団スポーツのように、企業リーグを作りたいと動いています」

 --ゲーミングPCの「Legion(レギオン)」も好調ですね

 「3月の調査会社のデータではゲーミングPCでナンバーワンのブランドになりました。オフィスや家に置いてもおかしくないシンプルなデザインと良いスペック(性能)、コストパフォーマンスが要因です。ビジネスのためじゃなくゲームが分かっているという仲間意識も重要です」

 --日本では据え置き型ゲーム機やモバイルゲームも強いです

 「ゲーム市場自体は日本の消費額は世界で3番目に大きいんですが、モバイルやコンソール(据え置き型)が多いという特徴があります。ただ、われわれはこれからゲーミングPCのチャンスだと考えていています」

 --テレワークやオンライン授業でパソコンの重要性を再確認した人も少なくありません

 「ゲーミングPCはテレワークにもぴったりなんです。ヘッドセットや打ちやすいキーボード、ゲーミングチェアは長時間座ることができます。パフォーマンスが高いのでいろんなビデオ会議システムもなめらかに動きます。ゲームと仕事、勉強も1台でできるのが便利なところです」

関連ニュース