記事詳細

【住まいの処方銭】これから地方移住(1) 希望者と自治体が相談会実施 (2/2ページ)

 一方で、移住希望者側が望む日時を指定できる自治体や、なかには、夜間に対応してくれるところもある。

 移住先として高い人気を誇る長野県でも、今年5月にオンライン相談会、7月にゲストを招いたオンラインセミナーを実施した。県では以前から移住支援サイト「楽園信州」を運営し、移住者向けの情報を発信中だ。

 長野県信州暮らし推進課の中沢文子課長は「漠然と『移住したい』という相談があるときは、暮らしの要望などを聞き、ふさわしいエリアをご紹介したり、優先順位をつけたりできるようなアドバイスをしています」と話している。(不動産・住生活ライター 高田七穂)

関連ニュース