記事詳細

【株式フジ】自民党総裁選は菅氏の圧勝か 新内閣の政策関連銘柄に注目 「栄研化学」「H.U.グループホールディングス」「シスメックス」 (1/2ページ)

 安倍晋三自民党総裁の後任、事実上の次期総理大臣を選ぶ総裁選は8日に告示され、石破茂元幹事長、菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長の3人が立候補しました(14日投開票)。

 それぞれ街頭演説や、議員への支持の呼びかけを行うなどの選挙運動を展開していますが、会見で同様に訴えたのは、コロナ対策における「PCR検査の拡大」です。外交政策や経済政策には若干の差異がありますが、コロナ対策の重要性・緊急性、それにおけるPCR検査拡大はきれいに一致しています。

 現状、菅氏の圧勝が予想されていますが、晴れて新総理誕生となった後、この政策はすぐに実行されることになるでしょう。当然、株式市場ではPCR検査拡大が業績の追い風になる銘柄、いわゆる「PCR検査関連銘柄」が意識されることになりそうです。

 ここでは3銘柄を取り上げます。検査用試薬では大手の「栄研化学(4549)」、受託臨床検査首位のSRLを傘下に持つ「H.U.グループホールディングス(4544)」、医療機器大手の「シスメックス(6869)」などがその筆頭になるでしょう。PCR検査拡大は国民の多くが望んでいること、政府が必ず実施することです。「国策銘柄」と認識されることになります。

関連ニュース