記事詳細

【株式フジ】自民党総裁選は菅氏の圧勝か 新内閣の政策関連銘柄に注目 「栄研化学」「H.U.グループホールディングス」「シスメックス」 (2/2ページ)

 新内閣誕生時には、新総理の過去の発言や政策に絡む銘柄が「新内閣関連銘柄」として取り沙汰されます。菅内閣関連銘柄としては、菅氏が超低金利や人口減少で厳しい経営環境に直面する地方銀行の「数が多すぎる」と語ったことを反映し、地銀再編が注目されるでしょう。

 地銀再編の台風の目になるのは、すでに福島銀行や鳥取銀行など複数の地銀と提携している「SBIホールディングス(8473)」です。同社の北尾吉孝CEOが提唱する、ITで地銀をつなぎ効率的な経営で高度なサービスを提供することを目指す「第4のメガバンク構想」が菅政権下で加速することでしょう。

 菅氏は2007年に始まった「ふるさと納税」の生みの親でもあります(当時総務相)。国民が税の使い方を選べる。生まれ故郷を離れても、その地域に貢献することができる。いわゆる返礼品に魅力的なものが多いことから人気の施策です。菅政権誕生で、ひと盛り上がりがあると見られます。ふるさと納税専門サイト「ふるなび」を運営する「アイモバイル(6535)」、子会社が「ふるさとチョイス」を運営する「チェンジ(3962)」などが注目されそうです。 (株式ジャーナリスト・天海源一郎)

関連ニュース