記事詳細

オリンパス、在宅勤務の日数上限撤廃を21年春に実施へ 出社は「週1日以上」

 オリンパスは、週当たりの出社日を原則として「1日以上」とした上で、これまで定めていた在宅勤務の日数上限を撤廃する方向で検討していると発表した。2021年春の実施に向け、労使で協議している。

 新型コロナウイルスを受けた新たな働き方として、まず週当たりの出社日を10月から適用し、職種によっては週2~3日の出社とする。拠点ごとの出社率は50%を目安とし、オフィスの設計や配置も変更する。

 通勤手当を廃止して交通費を実費精算とすることや、在宅勤務の費用を補助する支援金制度も検討している。

関連ニュース