記事詳細

小型SUV戦争 ヤリスクロスvsヴェゼルvsキックスの勝者は? (1/4ページ)

 自動車市場はSUV(多目的スポーツ車)人気が長らく続いているが、今年話題を集めているのが、気軽な街乗りにも便利な小型SUVのカテゴリーだ。各メーカーがこぞって新型車を投入して販売競争が激化する中、果たして勝者となるのはどのブランドか--。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。

* * *

 2020年の日本の新車販売の一大トレンドは、コンパクトSUVです。排気量が1~1.6リッターほどのエンジンを搭載する小さなSUVです。

 2019年11月に発売開始となったトヨタ「ライズ」は、なんと1か月で約3万2000台もの受注を獲得。12月には9117台が登録され、乗用車ブランド通称名別ランキングで初登場2位に。7566台の3位「プリウス」を抜いて、1位「カローラ」の9186台に肉薄したのです。そして、翌月となる2020年1月と2月のランキングでは見事に1位を連続で獲得しています。SUVがランキングのトップを奪うという快挙を成し遂げました。

 その「ライズ」は、1リッターのエンジンを搭載したコンパクトSUVで、じつのところ開発・生産しているのはダイハツです。ダイハツからは同じクルマが「ロッキー」の名で売られており、こちらもダイハツで一番売れる普通乗用車となっています。

 そして、6月になると日産も同じくコンパクトSUV市場に、まったくの新型車を投入します。それが「キックス」です。こちらは日産としては、なんと10年ぶりとなる日本市場のブランニューカー。そして8月末には、トヨタから「ヤリスクロス」の発売が開始となりました。

NEWSポストセブン

関連ニュース