記事詳細

【男のみ・だ・し・な・み】なめらか肌触りの一枚をぜひ! 洗濯機で洗えるセーター (1/2ページ)

 セーター(sweater)は汗をかくという意味のスエット(sweat)から来ている。VANの創業者・石津謙介さんがsweat shrt(スエットシャツ)のことをトレーナーと名付けたのは、実にみごとな和製英語であるが、海外では通じない。トレーナー(trainer)は運動選手たちの指導者だもの。セーターは頭から被って着るプルオーバーとカーディガンのことだが、私たちはプルオーバーだけをセーターと言っている。

 セーターの素材はウールだが、これは羊の毛からとれるものだけをいうことは案外知られていない。繊維の宝石と呼ばれるカシミヤはヤギの毛で正式にはウールと言わない。日常的に使えるウールの代表といえるのがメリノ種という羊からのものだが、毛が元来褐色や黒色だったのをオーストラリア、フランス、ニュージーランドなどで長い年月をかけて品種改良をして白色の毛しか生えない羊を誕生させた。

 ウールの最高級原料となるメリノ種はオーストラリアの羊といわれる存在で、その毛は白くしなやかで衣料用ウールの最高峰に。現在世界の衣料用ウールの45%をメリノ種が占めている。ウールはご存じの通り保湿性や吸湿性、弾力性、難燃性に富んだ素材で秋冬ものに欠かせない素材だ。

関連ニュース