記事詳細

【サラリーマンサバイバル術】隣の県で働く同僚とくらべて時給が安い…法律違反ではない? (1/2ページ)

 【Q】 私は千葉県にあるスーパーで、パートで働いています。時給は923円です。私の働くスーパーは全国展開をしていて、東京都にある同じスーパーで働く友人に話を聞くと、「時給は1013円で、これは法律で決まっているよ」と言われました。私の時給は法律違反ではないのですか?(20代・女性)

 【A】 最低賃金については「この時間額未満で働かせてはならない」というルールがあります。これは47都道府県ごとに決められ、東京都の最低賃金は1013円、千葉県の最低賃金は925円です。質問者の時給は923円であり、法律違反です。まずは店長に対して、「私の時給は法律違反ではないですか?」と聞くことが必要でしょう。また、職場に労働組合がある場合は相談してみてください。ここで重要な点は「最低賃金の対象となる賃金とは何か」ということです。最低賃金の対象は、基本給や時給、各種手当といった基本賃金ですが、その中から除外されるものがあります。

 具体的には、(1)1カ月を超えて支払われる賃金(一時金など)(2)臨時に支払われる賃金(結婚手当など)(3)所定労働時間を超える時間の労働に支払われる賃金(時間外割増賃金など)(4)所定労働日以外の日の労働に支払われる賃金(休日割増賃金など)(5)午後10時から午前5時までの間の労働に対して支払われる賃金のうち、通常の労働時間の賃金の計算額を超える部分(深夜割増賃金など)(6)精皆勤手当、通勤手当および家族手当-の6つを除外したものが最低賃金の対象です。

関連ニュース