記事詳細

【モテる男の1万円服装術】「きちんと」見えて着心地ラク! オンライン会議に最適なカーディガン・ジャケット (1/2ページ)

 前回のコラムでは、加齢による外見的な変化を乗り越える方法として、女性のファッション要素を取り入れること、つまり、カーディガン以上、ジャケット未満の「ミラノリブ」のリラックスアイテムが、その問題を解決してくれることをお伝えしました。今回も「カーディガン」「ジャケット」と明確には分類できないようなアイテムをご紹介します。

 今年はコロナ感染拡大の影響で、仕事中の服装はかなり変化してきました。職場に行く頻度を減らし、リモートワークを導入したばかりの頃は、職場や取引先の人との接触は電話やメールのみ。事務作業だけの人なら、誰にも自分の姿を見せなくて済んでいました。

 自宅なら、どんな服装をしていてもさほど問題は起こらなかったでしょう。しかし、オンライン上での会議などが普及してきた最近では、自分の姿を見せながら発言することを求められます。ラフすぎる服装を減らし、きちんとした服装を意識し始める人も多くなったのではないでしょうか。

 「きちんと見える」デザインなのに「柔らかく動きやすい」素材で「伸縮性があり、生地が軽い」服がこの秋増えました。

 写真のようなカーディガン・ジャケットのセットアップがその代表例です。テーラード・カラーのジャケットなので襟元は「きちんと」見えますが、ジャージー素材のため非常に軽く着心地がラク。パソコン業務が長時間にわたる人にとっては大変助かります。パンツも、ウエスト部分がゴムで素材もジャージーなので、長時間椅子に座ったままでの仕事でもシワになりにくく、ウエスト部分もラクです。

関連ニュース