記事詳細

【今日から始める10万円株】米国大統領選挙、バイデン氏勝利なら「環境関連株」に注目 (1/2ページ)

 11月3日に控えている米国大統領選挙まで1カ月を切った。マスコミでは日を追うごとに民主党のバイデン候補の優勢が伝えられているが、世論調査などに協力しない「隠れトランプ」の存在も無視できないだけに、開票結果を待つまでわからない。

 「マーケットでは、バイデン勝利なら株式市場がネガティブに反応すると懸念しています。一方で、すでにバイデン勝利を見越して、クリーンエネルギー関連の銘柄に買いを入れているファンドなどがあるとも伝えられています」とは、シンガポールに籍を置くヘッジファンド関係者。

 今週の10万円株は、バイデン候補が打ち出しているクリーンエネルギー政策に関連する銘柄をピックアップしていこう。

 ジャスダックの「田中化学研究所」(4080)は、リチウムイオン電池等の正極材料を展開。環境にやさしい電気自動車に向け注力している。足元の業績は赤字が継続しているが、2022年3月期には黒字化も視野に入ってきた。

 株価は10月に入り、年初来高値を奪回。5日は912円で取引を終えた。まずは1000円台乗せで勢いをつけたいところだ。ちなみに17年10月には、3000円台目前まで急伸した実績がある。

関連ニュース