記事詳細

シエンタ販売減でミニバン離れか コロナでクルマ選びに変化 (3/5ページ)

 ◆コロナで変わったカーライフスタイル

 その流れに拍車をかけているのが、コロナショックだ。公共交通機関での感染を懸念してか、このところ人々がこぞってマイカーで行楽に繰り出す光景が日常的になっている。東京の環状道路など、場所によっては休日のたびに以前より激しく渋滞するほどだ。

 そのマイカーによるお出かけだが、ファミリーユースはともかく、知人同士で乗り合わせてのドライブというニーズが大きく減っていると、別のトヨタ系販売会社の店長が指摘する。

 「車内の広さが問題になるのは大体、後席と荷室です。どちらもシエンタの得意分野だったんですが、友人同士、あるいは2家族でのお出かけというニーズがコロナショックを機に明らかに減り、それとともにクルマ選びにおける室内の広さの優先順位が急に落ちたんです。

 たとえば『ヤリス』は室内は広いとは言えません。が、販売では後席のことはあまり話題にならず、試乗の際も後席には座ってもみないということが増えました」

 確かにクルマに乗り合わせたうちの一人が感染源となって全員に広がったケースもあることはあるが、いくら何でもそれで少人数限定へとカーライフのスタイルを変えるのは過剰反応ではないかと思う。だが、現実としてそういう“新しい生活様式”を気にする顧客が増えているのだ。

 シエンタやフリードはより大きなミニバンに比べれば価格が安いが、小型ファミリーカーとしては結構高価だ。この先、コロナの流行相がどうなっていくか、また新しい生活様式へのこだわりがどのくらい広がるかはまったく見通しが立たない状況だが、大スペースへのニーズが減れば、この先も市場自体が次第に細っていく可能性は高い。

 そもそも小さな車を大きく使うというだけなら、軽自動車のスーパーハイトワゴンや小型車のトールワゴンなど、より価格の安いモデルで十分と判断されかねない。実際、それらのモデルの販売は結構好調だ。

NEWSポストセブン

関連ニュース