記事詳細

【家電の世界】ネット動画をテレビで見る! 東芝・プライベートスマート液晶レグザ「V34シリーズ」 (2/2ページ)

 「Power Driveは、将来の4Kテレビのエントリーモデル向けに開発していたものを搭載した。フルHDのテレビに、4Kのエンジンを載せたともいえる」とし、「最新エンジンだから実現できた高度なダイナミックガンマ制御での高いコントラストと、36色軸カラーイメージコントロールによって、自然な色を再現する。そして、高速処理でのクイックレスポンスによる快適操作を兼ね備えた」と同社は自信をみせる。

 ネット動画を美しくなめらかに再現する「ネット動画ビューティHD」により、精細感をアップさせ、ノイズを低減。高いコントラストと自然な色でネット動画を高画質に再現するという。

 音質にもこだわっている。このクラスでありながら、バスレフ型ボックススピーカーシステムを搭載。デジタルサウンドプロセッサーと組み合わせて、フラットで明瞭な音質と、自然でリアルな高音質を再現。豊富な音声調整メニューから、お気に入りのサウンドにカスタマイズすることもできる。

 表示遅延時間が約0・83ミリ秒という業界トップクラスの高速表示を実現する「瞬速ゲームモード」を搭載。ゲーム映像を色彩豊かに美しく再現しながら、表示にかかる遅延時間を低減した。

 同社では、「ニューノーマル時代に、これまであまりテレビを利用しなかった若い世代にも、ネット動画に最適なプライベートテレビとして提案したい」と語る。

 「ネット動画視聴のためのテレビ」という新たな提案に注目したい。 (ジャーナリスト)

 ■大河原克行(おおかわら・かつゆき) 30年以上に渡って、IT・家電、エレクトロニクス業界を取材。ウェブ媒体やビジネス誌などで数多くの連載を持つほか、電機業界に関する著書も多数ある。

関連ニュース