記事詳細

【株式フジ】投票日が迫る米大統領選、注目は大勢判明後の動き 業績上方修正「日本電産」 「ルネサスエレクトロニクス」追い風材料 (1/2ページ)

 米大統領選の投票日(米時間11月3日)が目前に迫ってきました。

 前回、2016年11月8日の大統領選後(民主党ヒラリー・クリントンVS共和党ドナルド・トランプ、いずれも新人)の東京市場の動きを紹介すると、日本時間11月9日の東京市場の取引中に、予想外の「トランプ候補優勢」が伝わり、嫌気され、大引けで919円84銭安の1万6251円54銭と急落しました。前日まで下馬評通り「クリントン当選」を見越して、しっかりとした動きをしていた東京株式市場に一気に不安感が台頭しました。

 しかし、その後の米時間11月9日にトランプ氏が勝利宣言を行い、演説が常識的で紳士的なものだったことから、トランプ次期大統領への評価と期待が急に高まり米株が急伸、それを受けた翌日の東京市場は日経平均が1092円も反発、前日の下げ幅をひっくり返しました。

 株式市場の判断は長期的には正しいことがほとんどですが、瞬間的には間違うこともあります。4年前はその後トランプラリーとなり大幅に株価が上昇していったわけですので、東京市場の初動は誤りでした。

 今回も前回同様、選挙結果の大勢が明らかになってくるのは日本時間です。東京市場はそれを受ける最初の主要株式市場となります。

関連ニュース