記事詳細

【モテる男の1万円服装術】カッチリしたジャケットは堅すぎる… カーディガン生地のダブルブレストでエレガントに (1/2ページ)

 ウィズコロナ時代初めての秋。昨年まで似合っていたはずのジャケットも、途端に古臭く見えるかもしれません。新しい生活様式によって「ジャケットのあり方」に変化が生じているからです。

 ここまで4回にわたって、休日のジャケット選びについてお伝えしてきました。共通するポイントは「カーディガン以上、ジャケット未満のリラックスアウター」が求められているということ。もはや通勤も休日も、カッチリしたジャケットでは堅すぎるのです。

 とはいえ、大人が突然パーカーを着こなすわけにもいかないため、ジャケットの形を継承したカーディガン生地に注目が集まっています。そして、生地の変化は、形の変化も引き起こしています。

 今季、ダブルブレストのカーディガンジャケットが、各ブランドから登場しています。これまで堅い印象で敬遠されがちだったダブルブレスト。バブルのイメージも拭えませんでしたが、カーディガンのような柔らかい生地で仕立てることで印象はガラッと変わります。

 もともと「海軍士官が船上で風をしのぐため、ジャケットの隙間をなくした」と言われるこの形には、シングルブレストとは異なる魅力があります。特に、なで肩の男性は、ダブルブレストの方がなじみます。ボタンの数が増えるため、肩より前面のデザインに視線が集まるからです。

関連ニュース