記事詳細

【zak女の雄叫び】女性が経営する企業から調達 日本企業も発注側に (1/2ページ)

 女性が経営する企業を認証し、多国籍企業から発注を受けられるようにして成長を促す米国の非営利団体「ウィコネクトインターナショナル」の取材を、これまで何度かしてきた。昨年、関西で初めて認証を受けた女性社長を取材したが、発注側の企業は外資系ばかりだと聞いて、残念に思っていた。

 それが今年、相次いで日本企業2社が加わった。大手製薬会社「武田薬品工業」(大阪市中央区)と自動車用計器などを製造販売する「日本精機」(新潟県長岡市)だ。武田は日本国内も含めたグローバルな展開を目指す。日本精機は現時点では地域を限定し、メキシコ市場のみを対象としているという。

 ウィコネクトインターナショナルは2009年、米国で誕生した団体だ。世界48カ国で女性企業の認証を進めており、日本国内では2018年から今年10月末までに17社が認証された。女性が経営者だったり、51%以上の株式を所有するなどしている企業で、専門の査定人が経営実態などを審査する。

 武田は米国や欧州、アジアなど約80カ国に拠点を持ち、売り上げの半分は米国。これまでは、米国市場で「サプライヤー・ダイバーシティ(供給元の多様化)・プログラム」に取り組み、女性が経営する小規模企業の育成を進めてきた。これを世界中に拡大すべく、ウィコネクトとの提携を申し入れたという。現在はまだ準備段階のようで、具体的な動きはこれからになりそうだ。