記事詳細

【夕刊フジ×キイストン 飲食FCで第二の人生】ブランドを自由に選び、自社で調理・配達 TGALデリバリー(TGAL) (1/2ページ)

 本の街として知られている東京・神田神保町で「バーガーズカフェグリルフクヨシ」を展開するほか、約80のブランドを1つの拠点で複数取り扱うデリバリーの複合拠点を、全国で直営店17店舗FC加盟店56店舗を運営する「TGAL」(東京都千代田区、河野恭寛社長、https://tgal.jp/)。高級ハンバーガーショップとして2013年に設立した同社が、2年後取り組んだ「TGALデリバリー事業」で大きく飛躍、拡大し続けているのだが、その理由は従来型デリバリーにはない特長を備えているからである。

 「ひと言でいうと単なるデリバリーではなく、全国の有名店のブランド(商品)を1拠点で複数取り扱う、つまり調理して、ご自宅や職場に届ける複合型ブランドデリバリーという仕組みです」とフランチャイズ事業本部執行役員の池田昌輝氏。

 具体的にいうと、出前館やウーバーイーツなどの出前サイト上で有名ブランドを同社傘下のブランドとして取り扱う約80のブランドの中からFCオーナーが取り扱うブランドを10~15ほど選定。出前サイトを経由して受注した注文を店舗で調理、近隣3~4キロ圏内を自社配達員がデリバリーする構造である。

 店舗は厨房(ちゅうぼう)だけが必要でイートインスペースは不要なため10坪程度の面積で十分とのこと。取り扱っているブランドの料理は、二次加工まで済ませた状態で納入されるため、手を加える部分が少なく短時間で仕上げることが可能になる。

関連ニュース