記事詳細

【ネット騒然銘柄】注射針用ステンレス鋼で「日本金属」暴騰

 24日、ネット上ではサイバーステップ(3810)がコメントを集めた。同社のオンラインクレーンゲームで、スタッフが意図的な操作を行っていたとネットメディアが報じ、SNSも炎上。同日の株価はストップ安となった。

 ネット上には非難や株価の一段安を予想する書き込みが押し寄せているが、一部で穴狙いの買いを報告する書き込みも見受けられた。

 サイバーステップは同日、報道について「操作ミス等で起きた事象を、意図的に、ひいては悪意をもって恒常的、組織的に行っているかのように述べており、断固として許容することができない」とするコメントを発表した。

 欧州の新規制に対応する注射針用ステンレス鋼の出荷を材料に、日本金属(5491)の株価が暴騰している。25日以降は連続ストップ高による値幅制限2倍が適用されるが、大手株系掲示板などでは「次(値幅300円)はさすがにキツイっしょ…」など弱音を漏らす書き込みがチラホラ。ただ、この“丁半バクチ”に乗りたがるのがイナゴトレーダーたちなのである。(新井奈央)

 【2020年11月26日発行紙面から】

関連ニュース