記事詳細

東証4日ぶり反落、58円安 ワクチン供給半減、心理冷やす

 4日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は4日ぶりに反落した。米製薬大手ファイザーなどが、開発した新型コロナウイルスワクチンの年内供給量を当初計画から半減させたと伝わり、市場心理を冷やした。

 終値は前日比58円13銭安の2万6751円24銭。東証株価指数(TOPIX)は0.69ポイント高の1775.94。出来高は約11億4790万株だった。