記事詳細

【新・兜町INSIDE】ビットコイン急騰を警戒…株急落の予兆か 仮想通貨相場ニュースは要注意

 代表的な仮想通貨(暗号資産)のビットコイン(BTC)が24日にかけて2017年の史上最高値をうかがう勢いで暴騰した後、大幅安に転じた。仮想通貨は投機マネーの動向を知る先行指標として注目されている。3年前には株価変調の「予兆」を示したこともあり、株式市場への波及が警戒されている。

 BTCは24日、9月安値のほぼ2倍の1BTC=200万円近くまで急騰し、17年12月の史上最高値に接近した。しかし、その後の2日間で16%安と鋭角的に下げた。

 「17年11月のチャートに良く似ています。あの時はBTCだけが突然反落を開始。後を追うようにして世界的に株価が不安定化し、翌18年末にかけて米ダウは大幅安となり、日本株も、つれ安を強いられました」(外資系証券幹部)

 BTCなど仮想通貨は株式や債券などに代わる投資マネーの受け皿と位置付けられ、資金が入ってくるのも出ていくのも早い。株価の急上昇から金融緩和政策の早期縮小観測も出ており、仮想通貨相場急落のニュースは要注意だ。

 【2020年11月30日発行紙面から】

関連ニュース