記事詳細

東証反落、61円安 コロナ感染拡大、米株安が重荷に

 10日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。国内の新型コロナウイルス新規感染者が過去最多となったことや前日の米株安が重荷となった。

 終値は前日比61円70銭安の2万6756円24銭。東証株価指数(TOPIX)は3.21ポイント安の1776.21。出来高は約11億8216万株だった。