記事詳細

【ネット騒然銘柄】「AI婚活」報道受け「タメニー」急騰! 政府が婚活支援事業後押し

 政策が動けば株価も動く。8日は、婚活サービスを手掛けるタメニー(6181)の株価が急騰した。理由は、大手紙が7日に「政府がAIを活用した婚活支援事業を後押し」と報じたことだ。同社もAIを活用したマッチングサービスを展開していることから、ネットトレーダーたちの短期資金が集中したようである。

 2ちゃんねるの株板には「損切りするタメニ、タメニー買うやつ笑」といったイナゴトレーダーお得意のダジャレが並んだ。強気派が優勢だったが、今後もこの状況が続くのかは誰にもわからない。

 面白い値動きをしているのは、環境・住宅機器事業を展開するダイキアクシス(4245)だ。子会社がインド政府から汚水浄化槽を受注したことを材料に、11月30日にストップ高。しばらく売りに押されていたものの、今月8日に再びストップ高まで買われた。

 大手株系掲示板では「インド全域での受注になれば売上数兆円」と大風呂敷を広げるトレーダーを見かけた。今12月期の同社の売上高予想は344億円。今後の同社の飛躍に期待したい。(新井奈央)

 【2020年12月10日発行紙面から】

関連ニュース