記事詳細

【ネット騒然銘柄】IPOラッシュで好スタート 経営課題解決のプラットフォームを開発する「スタメン」

 引き続きIPO(株式の新規公開)市場が好調だ。15日は、経営課題解決のプラットフォームを開発するスタメン(4019)がマザーズに上場。公開価格880円に対して、初値は2051円と約2・3倍に上昇した。2ちゃんねるの株板では「スタメン買った俺イケメン」「(IPOの)バブルは継続」などと囃(はや)し立てる書き込みが続出している。

 15日から29日まで実に26社というIPOラッシュが開幕。冬のボーナスを片手に、IPOバブルへ突撃する個人投資家が次から次へと現れそうだ。

 バイオベンチャーのテラ(2191)の周辺で何やらきな臭い動きが続いている。第三者割当増資の引受先から期日までに資金が振り込まれなかったことについて、引受先は銀行のシステム障害が原因などと弁明しているもよう。ほかに会社発表の信憑(しんぴょう)性や役員異動などの話題がネット上を駆け巡っている。

 株価は今年6月の高値からすでに5分の1以下に暴落。前述した内容に関する真偽のほどは定かでないが、株価は正直といったところか。(新井奈央)

 【2020年12月17日発行紙面から】

関連ニュース