記事詳細

富士フイルム、米国に大型医薬製造拠点 25年稼働へ2000億円超投資

 富士フイルムは、米国にバイオ医薬品の大型製造拠点を新設すると発表した。投資額は2000億円超で、2025年春に子会社の拠点として稼働する予定。原薬の大量製造に加え、製剤化・包装までを一貫して受託できる。富士フイルムは、細胞培養技術などを活用した高度な医薬品の開発・製造受託事業の拡大を進める。

 新設するのは子会社「フジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズ」の拠点。培養タンク8基を導入するほか、全自動型の製剤製造システムなどを設置する。富士フイルムはバイオ医薬品の開発・製造受託事業で24年度に2000億円の売り上げを目指している。

関連ニュース