記事詳細

もっと身近なIQOSへ 価格大幅値下げ 「煙のない社会」へ加熱式たばこの選択促す

 フィリップ モリス ジャパンは25日より、加熱式たばこ「IQOS(アイコス)キット」各種のメーカー希望小売価格を改定する。

 「IQOS 3 DUOキット」が旧価格9980円(以下全て税込み)から6980円へ、「IQOS 3キット」が8980円から5980円に、「IQOS 3 MULTIキット」が6980円から4980円になるなど大幅な値下げとなる。

 同社マーケティング&コミュニケーションズ・ディレクターであるフィリップ・ルベル氏は19日にオンラインで実施された同社の企業戦略説明会で「『煙のない社会』を実現するためには、『成人喫煙者にIQOSをより身近に感じてもらいたい』という思いに至りました。今回の価格改定は、煙の出ない製品への切り替えをご検討頂いている成人喫煙者および複数台のデバイス保有をご検討頂いている成人加熱式たばこユーザーに対し、それぞれの嗜好・用途に合わせた加熱式たばこデバイスを選択いただくために、さらなる一助になるのではと考えております」と価格改定の狙いを語った。

 同社は昨年4月に全面施行された改正健康増進法に合わせ、スタジアム、カフェ、世界遺産、オフィスなど多くの場所で加熱式たばこの喫煙環境整備を進めており、昨年9月時点でIQOSを利用する成人喫煙者は全世界で1600万人以上に達している。

 同社は「もっと『身近』なIQOSへ」を2021年のスローガンとし、今回の価格面での訴求に加え、デバイスや味わいなどさまざまな展開を通し、成人喫煙者に加熱式たばこ製品への切り替えを促していくという。