記事詳細

コンテンツ制作フローの構築と運用に関わるみなさまへ 「フォトロン クラウド制作&管理フロー ウェビナー」を2月5日(金)に開催

 放送/映像関連機器の開発・製造・販売・輸出入を手掛ける、株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瀧水 隆)は、2021年2月5日(金)、コンテンツ制作フローの構築と運用に関わるみなさまへ、クラウド基盤を活用した運用フローの提案と活用事例をご紹介する『フォトロン クラウド制作&管理フロー ウェビナー』を開催します。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/243982/LL_img_243982_1.jpg

 フォトロン クラウド制作&管理フロー ウェビナー

 映像制作のファイルベース化・ネットワーク化が進むに伴い、複数拠点を往来して制作をおこなう機会が増加しており、HDDやNASなどの物理メディアを使わないクラウド基盤を活用したマスター保管が注目されています。

 フォトロンでは、これらの業務に対応した新たなコンテンツ制作&管理フロー向けサービスとして2020年末より「Pharos(ファロス)」の提供を開始し、既に様々な分野のお客様にご活用いただいています。

 本ウェビナーでは、クラウド基盤を活用した制作&管理フローをご提案するとともに、ニーズに応えた様々な機能を、「Pharos」導入企業様の活用事例を交えてご紹介します。既に他のクラウドサービスをご導入済みの方にも、さらなる業務効率化やリモートワーク実現に向けた内容をご提案します。

 【開催概要】

 ● 日時 : 2021年2月5日(金) 16:00-17:00

 ● 参加費 : 無料(要事前申込)

 ● 申込 : https://www.photron-digix.jp/info/2021/101539.html

 ● アジェンダ: ◇ クラウド制作フロー支援サービス「Pharos」のご紹介

  ◇ ストレージとアーカイブ利用の使い分け

  ◇ 大量の動画ファイルをアップロード

  ◇ マスター保管とメタデータの管理

  ◇ ファイル同一性の重要性

  ◇ 運用フローの自動化サービス「Media Automata」との連携

 ※ 本セミナーは、Webセミナー(ウェビナー)です。インターネットに接続できるPC、もしくはスマートフォン・タブレット端末があれば、どこからでも気軽にご参加いただけます。

 【クラウド制作フロー支援サービス「Pharos」とは】

 「Pharos」は、クラウド基盤を活用した映像制作や各種ワークフローと連携したファイル管理が行える制作フロー支援サービスです。

 動画ファイル等をクラウド環境にアップロードし、メタデータの登録や検索、ファイル送受信、ファイル変換をはじめとする各種ワークフローを統合管理し、映像制作フローのクラウド活用をサポートします。

 画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/243982/LL_img_243982_2.png

 クラウド制作フロー支援サービス「Pharos」

 ▼サービス詳細

 https://www.photron-digix.jp/product/photron_pharos/

 【株式会社フォトロンについて】

 本社 : 〒101-0051

  東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング21階

 代表者 : 代表取締役社長 瀧水 隆

 創業 : 1968年7月10日

 資本金 : 1億円

 事業内容: イマジカグループ企業、放送用映像機器、民生用および

  産業用電子応用システム(CAD、関連ソフトウェア、

  ハイスピードカメラ・画像処理システム、その他)の開発、

  製造、販売、輸出入

 URL : https://www.photron-digix.jp/

 本リリース掲載の会社、商品、システム等の名称は、各社の商標または登録商標です。

 【お問い合わせ窓口】

 株式会社フォトロン 映像システム事業本部

 TEL : 03-3518-6273

 FAX : 03-3518-6279

 E-Mail: sales@photron.co.jp