記事詳細

「ポリフッ化ビニリデン/PVDF膜の世界市場:タイプ別、用途別、エンドユーズ産業別2025年予測」調査レポート刊行

 リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「ポリフッ化ビニリデン/PVDF膜の世界市場:タイプ別、用途別、エンドユーズ産業別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。

 【レポート紹介】

 ポリフッ化ビニリデン/PVDF膜の世界市場規模は2025年に9億2500万ドルに達する見込みです。2020年の推計6億2900万ドルから、2025年にかけて平均年成長率8.0%増で推移するとレポートは分析しています。

 レポートはポリフッ化ビニリデン/PVDF膜の世界市場について2025年までの市場予測データ(金額US$)を掲載しています。また市場をさまざまな切り口で細分化し、そのセグメント市場ごとの市場予測を中心に構成されています。当レポートでの各種セグメント市場の区分および項目は、タイプ別市場(親水性、疎水性)、技術別市場(限外ろ過、精密ろ過など)、用途別市場(一般的ろ過、サンプル準備など)、エンドユーズ産業別市場(バイオ医薬品、インダストリアルなど)、および主要国地域別市場、などとなっています。また競合状況、主要企業情報(10社)、ファイブフォース分析、COVID-19によるポリフッ化ビニリデン/PVDF膜市場への影響などの分析情報も加味し、ポリフッ化ビニリデン/PVDF膜市場の今後成長性および動向を詳細にレポートしています。

 【英文市場調査レポート】

 ポリフッ化ビニリデン/PVDF膜の世界市場:タイプ別、用途別、エンドユーズ産業別2025年予測

 PVDF Membrane Market by Type (Hydrophilic, Hydrophobic), Technology, Application (General Filtration, Sample Preparation, Bead-based Assays), End-use Industry (Biopharmaceutical, Industrial, Food & & Beverage), and Region - Global Forecast to 2025

 http://researchstation.jp/report/MAM/22/PVDF_Membrane_2025_MAM2223.html

 【レポート構成概要】

 ◆ポリフッ化ビニリデン/PVDF膜の世界市場予測2018-2025年

 ・市場規模(US$)

 ◆タイプ別、市場-2025年

 ・親水性

 ・疎水性

 ※(市場規模US$)

 ◆技術別、市場-2025年

 ・限外ろ過

 ・精密ろ過

 ・ナノフィルトレーション

 ※(市場規模US$)

 ◆用途別、市場-2025年

 ・一般的ろ過

 ・サンプル準備

 ・ビーズベースアッセイ

 ・その他

 ※(市場規模US$)

 ◆エンドユーズ産業別、市場-2025年

 ・バイオ医薬品

 ・インダストリアル

 ・食品/飲料

 ・その他

 ※(市場規模US$)

 ◆主要国地域別市場-2025年

 アジア太平洋

 ・日本、中国、インド、韓国

 ・マレーシア、インドネシア、タイ

 ・その他アジア太平洋

 北米

 ・米国、カナダ、メキシコ

 欧州

 ・ドイツ、イタリア、フランス、英国

 ・オランダ、ロシア、スペイン

 ・その他欧州

 中東アフリカ

 ・サウジアラビア、トルコ、UAE、南アフリカ、カタール

 ・その他中東アフリカ

 南米

 ・ブラジル、アルゼンチン

 ・その他南米

 ※地域別にタイプ別、技術別、エンドユーズ産業別の細分化データ掲載、詳細は目次参照

 ※国別にエンドユーズ産業別の細分化データ掲載

 ◆市場分析

 ・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)

 ・ファイブフォース分析

 ・COVID-19によるポリフッ化ビニリデン/PVDF膜市場への影響

 ・バリューチェーン分析

 ・事例研究

 ・市場シェア分析

 ・競合状況

 ◆ポリフッ化ビニリデン/PVDF膜の主要企業プロフィール動向

 ・ARKEMA

 ・MERCK MILLIPORE

 ・KOCH SEPARATION SOLUTIONS

 ・CYTIVA

 ・CITIC ENVIROTECH

 ・PALL

 ・BIO-RAD LABORATORIES

 ・THERMO FISHER SCIENTFIC

 ・MEMBRANE SOLUTIONS

 ・GVS

 (その他企業)

 ・ADVANCED MICRODEVICES

 ・旭化成株式会社

 ・AXIVA SICHEM BIOTECH

 ・HIMEDIA LABORATORIES

 ・平岡織染株式会社

 ・KAMPS

 ・LG

 ・MICRODYN-NADIR

 ・PENTAIR

 ・SCINOR

 ・STARLAB

 ・STERLITECH

 ・SYNDER FILTRATION

 ・THEWAY MEMBRANES

 ・東レ株式会社

 (全151頁)

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000229937&id=bodyimage1

 【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】

 ★お問い合わせ先:

 当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。

 http://researchstation.jp/report/MAM/22/PVDF_Membrane_2025_MAM2223.html

 発行元:MarketsandMarketsについて

 http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

 日本販売代理店:リサーチステーション合同会社

 取扱い開始:2020年1月21日

 ★関連レポート

 「膜分離活性汚泥法(MBR)の世界市場:2024年に至るタイプ別、用途別予測」

 http://researchstation.jp/report/MAM/19/Membrane_Bioreactor_2024_MAM1913.html

 ★リサーチステーション合同会社について

 リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。

 海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。

 世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。

 国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。

 URL:http://researchstation.jp/index.html