記事詳細

【トラトラ株】新興自動車メーカー向け販路拡大期待、「ニチコン」フィルムコンデンサーで注目 トランスジェニックは創薬支援事業の伸長で業績上方修正 (1/2ページ)

 バイデン氏が第46代米国大統領に正式に就任した。また、これに先立ち、次期財務長官に指名されたイエレン前FRB議長が19日に上院公聴会で証言し、追加の経済対策の必要性を強調した。こうした状況を受け、市場では、大型経済対策の成立期待に加え、新政権下で新型コロナワクチンの普及が進むとの思惑から、買いが優勢になっている。

 その結果、20日は、NYダウ、ナスダック総合株価指数、S&P総合500種の主要3指数が揃って過去最高値を更新した。このように日本株を取り巻く環境は良好だ。引き続き積極的に市場参加したい。

 まず、ニチコン(6996)は、同社のフィルムコンデンサーが、モーターとインバータなどを一体化した日本電産(6594)のシステム製品「E-Axle」への搭載が決まり、中国の新興自動車メーカー向けなどへの販路拡大が大いに期待できるようになったことが注目ポイントだ。

 フィルムコンデンサーはEVなどの環境対応車に必須の部品で、国内ではパナソニック(6752)とニチコンの2強体制だ。ちなみに、日本電産の永守重信会長兼CEOは「2030年に世界のEVモーター市場でシェア4割強の獲得」を目標としているという。

関連ニュース