記事詳細

販売30年以上のロングセラーの日本製クッション「ドクターエル シートクッション」

 在宅勤務も増え、座る時間が以前に比べて長くなったという人も多いのではないでしょうか。座る時間が増えるにつれてお尻や腰、肩など身体の様々な部分に不調をきたしている人は、座った時の姿勢が乱れているのかもしれません。そこで、今回は座るだけで良い姿勢を楽に保つことができると30年以上のロングセラーとなっている「ドクターエル シートクッション」(4,620円)をご紹介します。<産経ネットショップ>

 デスクワークなどで長時間座り続けていると、自然に楽な姿勢を取ろうとしてしまいます。楽な姿勢を取ると、どうしても骨盤が後ろに倒れ、姿勢が悪くなってしまいます。

 そこで、ドクターエル シートクッションは前傾6度の傾斜をつけました。なぜ前傾6度なのかというと、既製品の椅子は平均して2~3度の後ろ下がり傾斜を持たせ、体が後傾になってしまう作りのものが多かったからです。体が後傾になると骨盤が後ろに倒れ、自然と姿勢が崩れてしまいます。

 そのような状態を防ぐ為、前傾6度という角度をつけました。前傾6度は仙骨を中心に立っている時と同じ背骨の状態に近づける角度で、このクッションを敷いた椅子に座る、または背もたれとして使うことで無意識に正しい姿勢が取れるようになります。
 
 

 また、このクッションを座布団のように使用すると前傾の状態で椅子に座ることができ、足と腰で体を支えることになり腰にかかる負担が分散されます。従来の座布団とは違い、自然に姿勢を正すため腰の負担が減り、長時間座りやすくなります。

 クッションと聞くと、柔らかくて気持ちが良いという印象が強いかもしれませんが、柔らかさを求めた車のシートや事務所椅子に使われているウレタン製のクッションや、普通の座布団では、腰が沈んで骨盤の軸がぶれて正しい姿勢がとりにくいとも言われています。本品には発砲ポリエチレンという適度な硬さのある素材を使用。硬さだけでなく、元の形に戻る復元力も高いため、骨盤が沈み、軸がぶれるのを抑え、骨盤を安定させて座ることができます。
 

「ドクターエル シートクッション」のカラーはブラック、ブラウン、カーキの3色展開。シンプルなデザインと合わせやすいカラーでどんなインテリアにも馴染みます。

 

 その他にも、持ち運びに便利なコンパクトサイズの「ドクターエル mini ミニクッション」(5,170円)、さらに長時間の座りに重点を置いて開発された「ドクターエル EX シートクッション」(10,780円)、車専用クッション「ドクターエル CC カークッション」(6,050円)に、背骨を伸ばしながら胸郭を広げ、姿勢を自然に正しくさせるためのストレッチ器具「ドクターエル 背中元気くん バッククッション」(6,270円)なども販売中です。

 価格は全て税込み。価格や仕様などの情報は掲載日時点のものです。

産経netShop

シートクッション DLC-420 シートクッション DLC-420 mini ミニクッション MI-470 mini ミニクッション MI-470 EX シートクッション EX-980 EX シートクッション EX-980 CC カークッション CC-550 CC カークッション CC-550 背中元気くん バッククッション SG-590B 背中元気くん バッククッション SG-590B その他の商品 その他の商品