記事詳細

【男のみ・だ・し・な・み】春一番に着たい! フランスのショートコート (1/2ページ)

 大学生まで私が住んでいたのは横須賀ということもあってアメリカ製品に憧れていた。アメ横の今もある松崎商店でジーンズ(おやじに作業着なんか穿くなと叱られたが、リーバイス501を買うと3回以上洗ってから丈詰めに持ってきなといわれたほど縮んだ)や米軍払い下げウエアを買って着ていた。

 アメリカへの憧れから編集者になってパリへ取材に行くようになり、フランス製品のとりことなった。ジーンズの生地デニムは、南仏の都市ニームで作られたセルジュ・ド・ニーム(ニームのサージ)が略され→ド・ニーム→デニムとなったと教えられた。

 シャネルNo.5はマリリン・モンローが大リーガーのジョー・ディマジオとの新婚旅行で来日したときの会見で「寝るときはシャネルNo.5」と言ったのを子ども心に覚えていたので家人へのお土産に買ってきたのを皮切りに、ディオールやニナリッチ、ゲラン…と香水が続き、エルメスのスカーフになった。BICのボールペンは書きやすく使い捨てライターも色違い全色を買い込んだのも懐かしい。タバコのジタンとゴロワーズも喫煙者へのお土産に買ってきたし、1980年代は女性編集者の間でカルチェの3連リングがはやっていた記憶も。

関連ニュース