記事詳細

【ネット騒然銘柄】仮想通貨交換所運営の「カイカ」が暴騰

 仮想通貨(暗号資産)の活況を受け、関連株の動きも目立つようになっている。2日は、仮想通貨交換所を運営するCAICA(カイカ、2315)が前日比26%の大幅高となった。

 材料は、子会社が日本で初めて仮想通貨をベースとした金融派生商品の取り扱いを開始したこと。2ちゃんねるの株板では、「○○(某著名トレーダー)参戦ってマジ?」「ならもう少し(株高が)続く?」など、特定のトレーダーがこの相場に参加しているとの憶測が話題になっている。

 同社の株価は10円台に下落するなど危険水域にあるだけに、短期で値幅を狙った資金が集まりやすいとしても、一般の投資家は触らないほうが無難だろう。

 ネット通販を手掛けるスクロール(8005)が好決算を発表し、1日、2日と連日の大幅高となった。大手株系掲示板では「しばらく暴落はない!」「まだ割安!」といった鼻息の荒いトレーダーの書き込みが少なくない。中長期目線で注目する書き込みも複数あり、短期、中期関わらず同株の注目度は上がっているようだ。(新井奈央)

 【2021年2月4日発行紙面から】

関連ニュース