記事詳細

ゲオが新業態を展開「GEO-YA」オープン! 店内に喫煙ブース「ちょっと一服」コンセプト (1/2ページ)

 DVDレンタルやゲームソフトなどの買い取り・販売店「GEO(ゲオ)」や、総合リユースショップ「セカンドストリート」などを展開するゲオグループが新業態「GEO-YA(ゲオヤ)」の運営を開始した。

 グループ初の食品小売りチェーンで、1月21日に「蓮根2丁目店」(板橋区蓮根)、同23日に「ときわ台駅前店」(板橋区南常盤台)を立て続けにオープンした。両店とも取り扱い商材は、菓子、パン、カップ麺、飲料、アイス、カウンター商材のコーヒー、石焼きいもなどの食品と酒・たばこで、廃棄ロスの出る弁当・惣菜や日用品は扱っていない。

 「環境にも優しいコンパクトで無駄のない品揃えで地域に根ざした小売店を目指します」と、同店を運営するゲオリテールの小原久範ゼネラルマネジャーは話す。「商材を絞り、厳選した商品をロープライスでご提供するために、セルフレジの導入などでローコストオペレーションを図りました」

 年会費500円の会員制度を設けており、入会すればたばこ以外の全商品が10%オフとなる。