記事詳細

アップルカー“相乗り”の難しさ 現代自など協業停止、日産も交渉不調? 三上洋氏「下請けリスク承知で協業…メリット少ない」 (2/2ページ)

 アップルとの協業について、ホンダの倉石誠司副社長は9日の記者会見で「テレビや新聞でしか情報を見ない。どんな車かもわからない」と述べた。日産自動車の内田誠社長は同日の会見で「自動車産業の枠を超えた活動が必須」としつつもアップルへの言及は避けた。両社に改めて聞いてみたが、広報担当者はいずれも「会見で述べた通りで、コメントは差し控える」とのことだった。

 前出の三上氏は、「すでに広い市場を持ち、自動運転技術の研究も進む大手企業にとっては下請け先になるリスクを承知で協業するメリットは少ない」とみる。

 一方、自動車ジャーナリストの佐藤篤司氏は「自動車は人が死ぬリスクを負う製品だ。自動車やメーカーが自動車生産のノウハウや工場設備を提供し、IT企業が資金と自動運転技術を提供する対等な関係で協業を進めるしかないのではないか」との見解を示す。

 佐藤氏は、自動車メーカーと異業種との協業が進む可能性があるとみる。「アップルの参入は業界に地殻変動をもたらすだろうが、アップルだけがパートナーとはかぎらない。例えば、海外での存在感が強いホンダとソニーが協業してEV開発に乗り出す選択肢もあるはずだ」とも指摘した。

関連ニュース