記事詳細

【トップ近況】「物流施設は多くの雇用を生む」 大和ハウス工業・芳井敬一社長

 「インターネット通販の発展で即日配達の需要が高まっている」と話すのは大和ハウス工業の芳井敬一社長(62)。新型コロナウイルスの影響で業績不振の企業が資産を売却する動きが強まっているとして、首都圏の近くで物流施設向けの土地を積極的に取得していく考えだ。

 芳井氏は「自動化が進んだ工場とは違い、物流施設は多くの雇用を生む」とも強調。施設だけでなく、マンションや商業施設などが一体となった町づくりの開発を手掛けていく考えも示した。

関連ニュース