記事詳細

【榊淳司 マンション業界の秘密】不動産屋の悪しき慣習 売却仲介で他社からの買い手紹介を拒否 自社で買い手を見つけて、両方から手数料を得る「囲い込み」 (1/2ページ)

 1~2カ月に1回程度の割合で不動産の売却無料相談会を開催している。さまざまな方が来るので、こちらとしても勉強になる。

 一般の方は不動産業者に対して、不信感を抱いていることもよく分かる。特に不動産仲介業の世界は微塵も進歩せず、いまだに「客をだまして儲けよう」を基本的スタンスにしている業者が少なくない。

 先日、相談会に来られた方は、都心エリアの割合いい場所に購入したマンションの売却について悩んでいた。この方は、すでに某社に売却仲介を依頼していた。相談は、その売り出し価格が適正なのか等を含んだ内容だった。

 私が見た限り、価格はやや高めの設定だったが、不可能と断言するほどのレベルでもなかった。問題は、その仲介業者が真面目に買い手を探しているかということである。

 相談者の売却物件は、国土交通省指定の流通機構であるレインズに登録されていた。そこまではルール通りである。

 私の相談会は提携する仲介業者の会議室を借り、ベテランの業者2人に立ち会ってもらっている。専門の立場からアドバイスをもらうためである。

 「じゃあ、例のことをやってみましょうか」

 ベテランの2人に、相談者が売却を依頼する仲介業者に電話を入れてもらうのである。

 「レインズに出ています御社ご専任の〇〇の〇〇という物件なんですが、お客さま(購入希望者)を案内したいのですが、大丈夫でしょうか」

関連ニュース