記事詳細

【トップ直撃】良い睡眠や効率的な学習などにつなげる脳波アプリ、オンライン教育支援など メディアシーク・西尾直紀社長 (1/3ページ)

 ITバブル期の会社設立から20年余り。iモードからスマートフォンに時代は変わっても、「世の中の不便なものを見つけて解決するのがITの役割」という姿勢は変わらない。脳神経科学とITを融合させた「ブレインテック」や、コロナ禍に対応したオンラインスクール事業の支援など、常に時代に即した一歩を踏み出している。(中田達也)

 --教育関連に強いそうですね

 「『マイクラス』というサービスで、塾やカルチャーセンターなどの予約や生徒・講師の管理、会計周りのシステムを手掛けています。導入が簡単なのが特徴で、ウェブブラウザさえあればできる仕組みです」

 --コロナ禍でオンラインスクール向けのサービスも導入しました

 「対面授業が難しいスクールも多かったので、オンライン授業の予約や会計、生徒管理を使いやすくするために急遽作ったのが『マイクラスリモート』です。いままでのクライアントである教育機関を中心に売れていますが、10~20人クラスでもビジネスができるため、有料のセミナーやイベント、芸能人の方のファンミーティングにも使っていただいているようです」

 --自社製品のアプリも手掛けています

 「QRコード・バーコードリーダーの『アイコニット』がヒット商品です。とにかく読むのが速いのと、読めないコードがほぼないことが特徴です。ガラケーの時代には、ほとんどの機種にわれわれの製品が入っていましたが、スマホでもダウンロードを伸ばしています」

 --技術はさまざまな応用もできるそうですね

 「AKB48のCDに入っていた握手券について、われわれの方で特殊なQRコードを入れて偽造品が出回らないようにしたこともありました」

 --脳神経科学とITを融合させた「ブレインテック」という事業はどのようなものですか

 「ヘッドセットで脳波を測り、脳の状態を分析することで、より良い睡眠や効率的な学習などにつなげるサービスです。アルファ波が出ているとき、人間は自分の行動をコントロールしやすいのですが、リラックスしているときに、アプリがいま良い状態だと教えてくれます。トレーニングを続けると、脳波計がなくてもアルファ波を出しやすくなります。脳を自律的に改善できるようになり、集中力や作業効率が上がることを目指しています」

関連ニュース