記事詳細

【家電の世界】床面の菌を99%除去する「オシドリヘッド」 東芝ライフスタイル・コードレススティック掃除機 (1/2ページ)

 東芝ライフスタイルのコードレススティック掃除機「TORNEO VC-CL3000X」は、シリーズ史上ナンバーワンの「ごみ取れ性能」を実現したという自信作だ。市場想定価格は8万円前後(税別)。

 在宅時間の増加で、いままで以上に清潔意識が高まり、家庭内での掃除時間も増加傾向にある。約30%の人がコロナ禍で掃除機を使う頻度や時間が増えたという。それに伴い、コードレススティック掃除機に求める重視点の上位に「ごみ取れ性能」が挙がっていることが、同社の調査で明らかになった。

 VC-CL3000Xは、「ごみ取れ性能」重視派向けに開発した製品と位置づけ、新開発の「オシドリヘッド」を採用。床面に付着した菌を99%除去できるという。

 掃除機がけの際には、ヘッドを押し引きした往復掃除をすることでしっかりとごみを取ることが一般的だが、VC-CL3000Xでは回転方向が違う2本のブラシを2つのモーターで強力に回転させてごみをかき取る構造となっており、ヘッドを前方に押しただけでも、往復したときと同様の「ごみ取れ」が可能だという。

 前方には大口径のブラシを採用。大きなごみをかき集めて吸い込み、後方ブラシは絡んだ毛ごみなどをしっかりとつかみ取る。じゅうたんの毛の隙間まで力強くごみをかき出したり、フローリングの床面に付着した菌を除去したりできる。

 また、くし歯型の「ちり落としプレート」を2本のブラシにそれぞれ配置。綿ごみ、毛ごみの回転ブラシへの絡みつきを低減することができる。

関連ニュース