記事詳細

【株式フジ】期待高まるコロナリベンジ! 高額消費も次第に復活か レジャー筆頭「オリエンタルランド」、居酒屋復活で「コロワイド」など (1/2ページ)

 継続されている緊急事態宣言が解除されそうです。複数の報道で、政府が新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言を全面解除する検討に入ったとされています。専門家の意見を踏まえて正式に決定するとのことです。再延長時に理由とされた東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県で病床使用率が減少傾向にあることが主因です。

 現実的な人の動きは解除を待たずにすでに活発化していると多くの人が認識しているでしょう。日増しに暖かくなっていることからも理解できる状況です。

 株式市場ではこの先、想定を超える「コロナリベンジ消費」の増加に反応することになりそうです。東京ディズニーランドとディズニーシーを運営する「オリエンタルランド(4661)」はその筆頭銘柄になることが予想され、全国各地で時間制スポーツ中心の複合施設を展開する「ラウンドワン(4680)」も注目されそうです。

 もちろん外食関連株にも復活期待が高まります。なかでも夜の時間帯の売り上げが主力の居酒屋業態の反発が大きいと思われます。

 居酒屋「甘太郎」などを展開する「コロワイド(7616)」、焼肉店への業態転換を進める「ワタミ(7522)」、さらには「鳥貴族ホールディングス(3193)」、「串カツ田中ホールディングス(3547)」などにも物色のホコ先が向かいそうです。

関連ニュース