記事詳細

【株式フジ】期待高まるコロナリベンジ! 高額消費も次第に復活か レジャー筆頭「オリエンタルランド」、居酒屋復活で「コロワイド」など (2/2ページ)

 コロナリベンジ消費が大きくなると期待されている背景には、家計の貯蓄率が異例の高さで推移していることもあります。内閣府が1月29日に公表した2020年7-9月期の家計の貯蓄率は11・3%(季節調整値)でした。この推計は家計の可処分所得や貯蓄率を四半期ごとに観測したものですが、過去5年間の大半の期間、0-1%台で推移していました。特別定額給付金やコロナ禍の個人消費減少が押し上げたということで間違いないでしょう。

 高額消費も次第に復活することが予想されます。会員制リゾートホテル「エクシブ」を全国展開する「リゾートトラスト(4681)」、帝国ホテル東京を建て替える方針を固めたとされる「帝国ホテル(9708)」、ゴルフ場関連株の「リソルホールディングス(5261)」、「バリューゴルフ(3931)」、「ゴルフダイジェスト・オンライン(3319)」もここから気になる銘柄となります。

 逆に、コロナ禍ではやされた「巣ごもり関連株」は利食い売りに押されるかもしれません。機動的に動いていきましょう。(株式ジャーナリスト・天海源一郎)

関連ニュース