記事詳細

【サラリーマンサバイバル術】春季生活闘争とは何か? 生活改善を目指し経営者と交渉を行うこと (2/2ページ)

 賃金の引き上げには、「定昇」と「ベア」があります。定昇は「定期昇給」のことで、賃金表に基づき年齢・勤続年数などによって賃金が上昇する仕組みです。中小企業では賃金表が存在しない場合もありますが、社員一人一人の賃金実態を把握して「賃金カーブ維持分」を算出し、1年・1歳先輩の賃金に追い付くように引き上げを確保することが重要です。

 ベアは「ベースアップ」のことで、賃金表自体を書き換えることで賃金を引き上げ、全体水準の底上げを行います。

 春闘の結果は、組合員だけでなく、管理職も含めた従業員、すべての働く者、各都道府県の最低賃金や公務員賃金へ波及します。その意味で、社会的な労働条件決定の仕組みともいえます。コロナ禍で難しいところもありますが、全力で取り組む必要があります。

 「連合なんでも労働相談ダイヤル」(フリーダイヤル0120・154・052)では、労働問題のほか、労働組合づくりの相談などにも対応しています。職場での悩みや疑問、お困りのことがありましたら、お気軽にお電話ください。 (連合企画局 関根新太郎)

 ■働く方々の相談に日本労働組合総連合会の専門スタッフがお答えします。はがきに質問、職業、年齢を明記し、〒100-8160 夕刊フジ報道部「サバイバル術」係まで。匿名でも受け付けます。

関連ニュース