記事詳細

【スマートライフ×リアルライフ】グーグルの新時代パソコン大躍進! 作成データは全てクラウド保存 「ChromeBook」 (1/2ページ)

 グーグルが「Chrome(クローム)OS M89」を発表した。Chromeというとパソコンやスマートフォンで使われているウェブブラウザーの名称として知られているが、クロームOSは、ウィンドウズやアンドロイド、iOSといったパソコンやスマホでおなじみのコンピューター用オペレーティング(基本)システムだ。

 今のところ単体OSとしての提供ではなく、各社の機器にインストールされた状態で出荷されている。つまり、ウィンドウズがマイクロソフトのOSであるように、クロームOSはグーグルのOSだと考えていい。グーグルはアンドロイドも提供しているので、パソコンとスマホの両刀遣いということになる。

 昨年から今年にかけてGIGAスクール特需やコロナ特需が起こったことで、パソコン、特にノートパソコンが爆発的に売れている。そのなかで特に注目され、大きく躍進したのがクロームOSを搭載したパソコン「ChromeBook(クロームブック)」だ。今のパソコンのマーケットの構造を変えてしまいそうな勢いがある。

 クロームブックはクロームOSを搭載するパソコンだ。その最大の特徴は、設定情報を含むあらゆるデータをインターネットを介してクラウドに置くという考え方で作られていることだ。

 電源を入れて自分のグーグルアカウントでサインインするだけで、いつも使っているいつもの自分のパソコン環境がそこに出現する。機械が故障しても、紛失や盗難に遭っても、別のクロームブックが目の前にあれば、それにサインインするだけでいいのだ。

関連ニュース