記事詳細

【トップ直撃】消費者と事業者「便利」をつなぐ ハウスクリーニング、引っ越しなど訪問&出張サービス みんなのマーケット・浜野勇介社長 (1/3ページ)

 ハウスクリーニングや引っ越し、家電の設置など出張や訪問を伴うサービスは、どこに頼めばいいのか、料金の相場はどのぐらいか分かりにくい。こうしたユーザーの不便を解消するインターネット商店街「くらしのマーケット」で急成長中だ。プロの事業者にとっても集客や収益面でメリットがあるという。「正直者が馬鹿を見ない世界をつくる」というビジョンを掲げ、全国展開を進めている。(中田達也)

 ■「安くて良い」調べる手段…から着想

 --タレントの高田純次さんを起用したCMの影響は大きいですか

 「もともとはインターネットで検索して、最終的にうちのサイトにたどり着く人が多かったのですが、テレビCMを打つことで『くらしのマーケット』というサービスを知っていただいたうえで、サイトに来る人が増えていますね」

 --サービスを始めたきっかけは

 「新しいデジカメを買うとき、ネットで口コミを調べて評判の良い商品を探し、価格が一番安いところで買うことが多いと思います。リフォームや水道管の修理でも、どこに頼めば安くてサービスが良いのか調べる手段があればいいなと着想しました」

 --どんなサービスが人気ですか

 「3、4月の時期は引っ越し、不用品回収など新生活に関わるサービスや、空室のクリーニングが多いですね。夏が近づくとエアコンのクリーニングや害虫駆除、庭木の剪定(せんてい)など。年末になってくると大掃除の需要が増えますね」

 ■成功のイメージは「蛇口から出る水」

 --コロナ禍で需要が伸びたものは

 「在宅勤務が増えたので、自宅のインターネット設定のサービスを頼む人も増えましたね」

 --価格が明確に提示されるのが特徴です

 「私たちが扱っているサービスは何十年、何百年間も『まずはお問い合わせください。見積もりします』というのが決まり文句でしたが、インターネットでビジネスをやっていくには、しっかり料金を出すのが必須だと考えました」

 --事業者のメリットは

 「事業者の方が一番困っているのは集客で、仕事がちゃんとしている人ほど集客が下手だという面もあるんですね。われわれはお客さんが来たときだけ20%の手数料をいただいており、事業者さんにとってはノーリスクで完全成功報酬型といえます。下請けではなく直接エンドユーザーさんと取引できるので、利幅もかなり大きくなると思います」

関連ニュース