記事詳細

【トップ直撃】電子含めた新しい漫画を生み出し世界へ挑む! 「まんが王国」国内最大級 ビーグリー・吉田仁平社長 (1/4ページ)

 電子コミックの黎明期から試行錯誤を続け、配信サイト「まんが王国」を国内最大級に育て上げた。ユーザーには「お得感ナンバーワン」を掲げるのと同時に、作家も支援し、オリジナル作品も強化している。進化論で知られるチャールズ・ダーウィンが乗り込んだ船「ビーグル号」にちなんだ社名のように、世界的なコンテンツ企業を目指した航海を続けている。 (中田達也)

 

 --『鬼滅の刃』は漫画からテレビアニメ、映画へと大ブームとなりました

 「『まんが王国』でも、かなりのセールスを記録していて、新しいお客さまも増えました。男性女性問わず読んでいただいているスーパーヒット作品で、漫画のパワーを再確認することができたと思います」

 --コロナ禍で巣ごもり需要は伸びましたか

 「いままで電子コミックを使ったことのない人に読んでいただくケースもありますし、すでにスマホで漫画を読んでいる人も、そこに割く時間とお金が増えるなど、底上げ効果は十分だと考えています」

 --電子コミックサイトで「お得感ナンバーワン」を打ち出しています

 「まんが王国は、購入していただいたポイントで漫画を読むことができますが、ポイントの購入金額や累計の使用ポイントに応じて最大50%が還元されるという仕組みです」

 --約3000作品の試し読みができるそうですね

 「漫画の多くが、1話読んだら次を読みたいという作りになっています。昔は書店で立ち読みして作品に興味を持ち、購入してもらうということがありました。立ち読みから漫画文化が繁栄してきたやり方がネットの中で実現することで、業界のためにもなっていると思います」

関連ニュース