記事詳細

事務職から転職した理由ランキング 3位「給料への不満」、2位「仕事内容への不満」 1位は?

 ビズヒッツ(三重県鈴鹿市)が「事務職から異職種への転職に関する意識調査」を実施。事務職から異職種へ転職した理由をランキング形式で公開した。

 同調査によると事務職から異職種に転職した理由の1位は「他の職種に興味があった」(155人)、2位は「仕事内容への不満」(108人)、3位「給料への不満」(53人)、4位「職場の雰囲気がよくなかった」(28人)、同4位「専門性・スキルを身につけたかった」(28人)と続いた。

 1位の「他の職種に興味があった」という回答の中には「憧れの職業を諦めて事務職になったが諦めきれず再挑戦した」「事務職として働くうちに他の職種に興味を持った」「より自分に合う職業があるのではないと考えるようになった」といったパターンが見られた。

 また事務職から異職種への転職活動が順調だったか聞いたところ、65.1%が「順調だった」「まあ順調だった」と答えた。順調だったと答えた人からは「資格や適性、経験を生かせる職種」「人手不足の業界」「未経験者が活躍中の業界」への転職はスムーズだったとの回答が寄せられた。

 事務職から異職種に転職してよかったと思うか聞いたところ、86.0%の人が「よかったと思う」「まあ思う」と答え、その理由には「収入増」「希望の仕事につけてやりがいがアップした」「体調不良が改善した」などが挙げられた。

 調査は2月26日~3月9日にインターネットによる任意回答で実施。事務職から他の職種への転職経験がある全国の男女456人(女性351人/男性105人)を対象に行った。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース