記事詳細

【ネット騒然銘柄】抗ウイルスカーテン材料に「五洋インテックス」が乱高下

 22日、東京都内でカフェやレストランを展開するグローバルダイニング(7625)は、東京都の時短営業命令は違法だとして都を提訴した。時短命令の対象27カ所のうち、26カ所が同社の店舗だったことに異議を唱えたものだ。

 翌23日、同社の株価はストップ高まで急騰。大手株系掲示板などでは、市場に出回る同社の株が不足していることに目を付け、「こりゃ明日は寄らん(でストップ高する)な」など、急騰が続くことを予想する書き込みが目立った。

 提訴が材料視されたというより、ネットトレーダーたちが新しい“おもちゃ”を見つけたというところか。

 抗ウイルスカーテンの販売開始を材料に五洋インテックス(7519)の株価が連日の急騰となった。しかし、23日は大引け直前に急落したため、ネット上には「ガラったああ(※ナイアガラの滝のように急落に転じたという意)」などトレーダーの悲鳴がこだましている。緊急事態宣言は解けたが、株式市場では今後も新型コロナ絡みのごたごたが続きそうだ。 (新井奈央)

 【2021年3月25日発行紙面から】

関連ニュース