記事詳細

【田村秀男 お金は知っている】国民を貧しくする「ワクチン開発遅れ」のワケ 接種率の世界平均は100人のうち8・53人なのに…日本は0・87人という衝撃 (1/2ページ)

 中国・武漢発の新型コロナウイルス・パンデミック(世界的大流行)を受けて日本が緊急事態宣言を発令して1年たった。感染の波は収まらず、日本は米欧などに比べると人口比でみた感染者数は圧倒的に少ないのに、陰鬱さが延々と続く。

 宣言は1都3県に今年1月8日に再発令され、3月21日で解除したものの、4月5日から5月5日まで宮城県、大阪府、兵庫県には蔓延(まんえん)防止等重点措置が適用されている。

 経済というものは、先行きの見通しで決まる。そこで鍵になるのは、コロナ終息のメドを立てるための有力材料であるワクチン接種の普及である。グラフは米国のデータサービス会社CEICが毎日まとめている接種率で、主要国の4月初旬時点を取り出した。

 改めてみると、極めて衝撃的である。世界全体の平均は100人のうち8・53人になるのに、医療でも先進国と自負してきたわが国は0・87人に過ぎない。英国は54・3人、米国も49・3人と5割を超す勢いである。人口の多い中国やインドは接種率では米欧に劣るものの、それぞれ1億4280万、7600万人に投与済みである。

 この違いはワクチンの調達力の差、すなわち国産化に成功しているか否かである。米英、中国、インドとも自前で生産、供給できる。日本はノーだ。

関連ニュース