記事詳細

【渡邉美樹 経営者目線】陸前高田に「日本最大の農業テーマパーク」 ワタミオーガニックランド4月29日オープン (1/2ページ)

 4月29日にオープンする日本最大級の有機農業テーマパーク「陸前高田ワタミオーガニックランド」の上棟式と内覧会を7日に行い、岩手県の達増拓也知事も視察に訪れた。コロナ禍の懸念もあったが、ようやくこぎつけられ、安心している。

 陸前高田市の戸羽太市長は復興の現状を「ハードの工事はほぼ終わり、普通に過ごす準備ができて、これから『魂』を入れる、新しい産業を呼び込む段階にやっと入れた」と語る。

 ワタミオーガニックランドは、「命」をテーマに、農業から命の連鎖を学ぶ「循環型6次産業モデル(ワタミモデル)」の象徴だ。

 津波によって大きな被害を受けた中心市街地の、広大な土地の有効活用を提案されたところから話がはじまった。戸羽市長によると、同市人口は2010年の国勢調査では約2万3300人、現在は1万8000人に減少したという。

 こうした中で、戸羽市長は「外から人が来ていただいてはじめて街が成立する。本当の持続可能を求めないと街が淘汰(とうた)される」と危惧する。体験型の農業テーパマークは国の追悼施設とあわせて「観光的にメインになる」と期待を込めていただいた。

 同市では、若者の都市部への流出と高齢化が深刻で、将来の日本の「縮図」もみえる。戸羽市長は、9年前に私のラジオ番組に出演していただいた際、「ノーマライゼーションという言葉のいらない街」を作りたいと語り、障害者や高齢者の分け隔てない生活を目標としていた。

関連ニュース