記事詳細

【スマートライフ×リアルライフ】ドコモの新プラン「ahamo」の明確な料金体系 「サポート」は別料金 (1/2ページ)

 ドコモが同社の新料金プラン「ahamo(アハモ)」の店頭における有償サポートサービスを開始した。同プランは20GBのデータ通信(海外ローミング含む)と5分間の国内通話かけ放題で2970円。キャリアメールがないなど一般的なプランとは内容が異なるが、この低価格は魅力だ。1カ月20GBもあれば十分にスマホを楽しめるため、プラン変更にユーザーが殺到している状況だ。

 auもpovo(ポヴォ)という名称で同様のプランを提供している。ソフトバンクもLINEMO(ラインモ)を出し、各社の20GBプランが出そろったかたちだ。価格はほぼ横並びだが、POVO、LINEMOは5分間の通話かけ放題を別料金にし、2728円で提供している。

 ahamoの低価格の秘密は、手続きなどすべてをオンラインに限定していることだ。つまり、困ったことが起きてもドコモショップでは相談に乗ってもらえない。ショップではプラン変更もできないし、新規の申し込みもできない。また、電話での問い合わせもできない。サポートも含めて一切合切をすべてスマホやパソコンを使ってオンラインで行う。だからこその低価格だ。

 ahamoのサービス開始は4月1日だったが、3週間が経過した22日に、ドコモは全国のドコモショップで有料の「ahamo WEBお申込みサポート」「ahamo WEBお手続きサポート」を開始すると発表した。前者はショップで客自身がahamoサイトで手続きすることが前提で、その際に手伝うという位置づけのサービス。料金は3300円だ。

関連ニュース