記事詳細

【ネット騒然銘柄】「ステラファーマ」一時ストップ安まで急落も前向き?

 このところ、ネット上でコメントを多く集める銘柄が日替わりで移ろっていく。相場が長続きしないのである。

 23日にコメントを集めたのは、22日に新規上場したステラファーマ(4888)。「ステボロニン」など抗悪性腫瘍剤を手掛けるバイオベンチャーだ。上場初日はまずまずのスタートとなったが、翌23日は一気にストップ安まで急落した。

 さぞトレーダーたちも落ち込んでいるだろうと2ちゃんねるの株板をのぞいてみたところ、「PTS(夜間取引)上がってる!」など、意外にも前向きな書き込みが少なくなかった。悪性腫瘍の治療薬は当たれば大きいことや、東証1部上場のステラケミファの子会社であることなどが支えになっているのかもしれない。

 23日は、ブランド品販売のセキド(9878)の株価がストップ安となった。いまのところ急落材料は見当たらないが、14日に業績を上方修正して株価も上昇基調だっただけに、こちらはトレーダーたちもショックを隠せないもよう。大手株系掲示板では、例によって損失を嘆くトレーダーたちをあざける書き込みが並んだ。 (新井奈央)

関連ニュース