記事詳細

脱炭素技術お披露目へ 2025年大阪・関西万博、水素船や生ごみ活用

 2025年大阪・関西万博を脱炭素技術のお披露目の場にしようという動きが関西企業で相次いでいる。

 岩谷産業と関西電力は水素を動力源とする旅客船を検討。100人程度を乗せて運航することを目指す。船は燃料電池船と呼ばれ、水素と空気中の酸素の化学反応で発生した電力で船を動かす。発電時に二酸化炭素(CO2)が発生せず、環境への負荷軽減が期待できる。

 会場で出る生ごみを活用するアイデアも出ている。大阪ガスは生ごみを処理したバイオガス中のCO2と、水素を反応させメタンを製造する「メタネーション」と呼ばれる技術を用いて都市ガスの生成を検討。給湯や発電などに利用して省エネルギーに役立てる。

関連ニュース